失業保険は誰でももらう権利がありますが、一定の条件を満たす必要があります。 その条件を満たすことができないと、もらえないでしょう。 失業保険をもらうためには、以下の条件を全て満たさなくてはいけません。 ・失業保険に一定期間加入している ・働く意思がある ・求職活動を行っている まず、雇用保険に一定期間加入していないと、失業保険をもらうことはできません。 過去2年間で1年以上雇用保険に加入している期間があれば、正社員に限らずアルバイトでも失業保険をもらうことができます。 また、職場が倒産したという場合は、短期雇用特例被保険者が適用され、雇用保険加入期間は6ヶ月間に短縮されます。 そして、働く意思があるというのも、失業保険をもらう大切な条件です。 働きたくないけど失業保険が欲しいという人はもらうことができないので、注意してください。 あくまでも失業保険は、働きたい人を応援するための制度ですから、そのことを理解した上で申請しましょう。 さらに、求職活動をしっかりと行っているというのも重要な条件になります。